東京都中央区 銀座/築地 企業法務・遺言相続・外国人在留 行政書士
行政書士かじや法務事務所
Topics

タグ : 改正民法

ひな型そのままの契約書~問題なポイント

ひな型を使った契約書。民法改正に対応していないだけでなく、無効になってしまう条文、無意味な文言、安心していたら裁判になってしまうおそれ等、条文の意味を理解しない丸写しや寄せ集め契約書はリスクが大きいものです。

利用規約~改正民法にともなう修正はしましたか

民法改正から1年以上が経過しました。サービス利用規約、定型約款の修正はしましたか。定型契約の見直しはしましたか。本やweb上のひな形をそのまま使うのではいざというときのリスクがあります。

相続法の改正(1) 

相続法の改正は平成30年7月に公布されました。配偶者居住権の新設、遺産分割等、遺留分制度、相続の効力等の見直しがされます。親族が介護等を行った場合の金銭請求の制度は要件を満たす必要がありますが特別の寄与に関する新設制度です。

相続不動産
PAGETOP

Copyright © 行政書士かじや法務事務所 All Rights Reserved.